サイディング外壁

最近ではサイディングの釘打ちは見かけることは少ないですが、少し前の建物になるとサイディングを釘止施工するのが一般的でした。

通常サイディングの切り欠き寸法には注意を払わなければならない。

使用するサイディング幅が100mm以下となる場合は切断してから使用するなどの配慮が必要。

余り切幅を小さくしてしまうとこのようなクラックは当然入ると考えていい。

 

このような釘周りのクラックが開口部に集中していた。

 

 

釘の位置が端部より離れすぎるとこのように反ってしまうこともある。

釘止の本数や釘の止付け位置の認識が甘い職人に当たると数年でこうなる現場が多い。

先日も構造塾で佐藤先生の講義に集中してきました。

上部構造の軸力算出がなんとなくわかってきたところ(汗)

覚えることがありすぎる。。。

さいたま市でインスペクションご利用なら建成にお任せ下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です