増築物件に注意

手狭になれば、住宅を増築!

ご自身が一生涯住まわれるのであれば、ご自身の財産である土地・建物ですので自由です。

この増築も【手続きを経て増築※建築確認】 であれば何の問題もありません。

しかし、【手続きを経ないで増築】していた場合どうでしょう。

この場合資産価値を大きく損なうので注意が必要です。

建築基準法には緩和措置があります。防火・準防火地域外であれば10㎡以下の増築は建築確認申請がいりません。

例えば

上記ケースの場合は、すでに制限上限です。

建ぺい率50% 敷地面積が100㎡に対し50%の割合なので建物面積50㎡

容積率 敷地面積が100㎡に対し100%の割合なので 延べ床100㎡まで

この住宅に10㎡増築すると、すでに制限を超え違反建築となります。

建物面積 が10㎡加算され60㎡になる。建ぺい率10%オーバー

延べ床面積が10㎡加算され110㎡になる。容積率10%オーバー

違反建築となるため、この建物を【売りたい】場合、買主は住宅ローンを利用できません。※現金取引なら別

増築面積を加算しても建ぺい率・容積率ともに制限内であれば、建物表題変更登記を行い、現在の正しい表示に変更する必要があります。※契約時に未登記部に関して取り決めをしなければいけません。

別なケースでは、土地を分筆し売却。しかし残った敷地面積の割合が減るため容積率オーバー

カーポートを設置したことにより建ぺい率オーバーなどなど

その建物は違反建築になっていないでしょうか?

 

さいたま市でインスペクションなら建成

家を買うなら知っておきたい情報セミナー参加受付中※さいたま市開催

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です