法22条区域と延焼ライン

法22条区域について重要事項説明時に、不動産業者からの説明の大多数は【この地域では屋根を不燃材でふく】だけの説明が多いようです。
もちろん、間違いではありません。
通常の火災による火の粉により①防火上有害な発炎をしない②屋内に達する防火上有害な溶解、き裂等の損傷を生じないこと、が求められます。
しかし、延焼のおそれがある部分にも、実は外壁にも防火の規定があります。※木造等特殊建築物を除く
延焼のおそれのある部分を下記の図で表します。
※例は木造2階建て

道路中心線または、隣地境界線より1階は3m、2階以上は5mは【延焼のおそれのある部分】となります。
つまりは、このラインに入る部分には一定の防火構造が求められます。
H12建告に定められた方法または、大臣認定のもとしなければならない訳です。
※大臣認定とは評価に基づき大臣が認定した材料等
この調査した建物でのケースは窯業サイディングの防火認定方法による施工でしたが、室内に貼られるているはずの石膏ボード9.5mmがありません。

こちらも、同じ建物です。妻側の壁面に認定仕様による石膏ボード9.5mm以上等の施工がない。
折角の認定材の仕様も、適切に施工されなければ万が一の時にあっという間に火の手がまわり、生命の危険となりうる。
もちろんこれは、違反であり、見逃すわけにはいかない事例の一つ。
埼玉県全域はこの法22条区域であります。※防火、準防火地域はその規定に従います。
インスペクションを行い、今の建物コンディンションを把握することも大事ですが、建物の安全・安心もとても重要な問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です