重要事項説明って何?

重要事項説明とは、契約前に購入・賃借をしようとする物件の取引にあたり最低限知っておかなければならない事項が説明されます。この説明を聞き最終的に判断をするために行われることを意味します。
土地や建物の購入・賃貸する際、土地や建物を買おう!借りよう!とした場合、目的とする物件の権利関係・法令での制限・ライフライン・取引条件等を個人か調査することは結構大変です。
調査範囲も広範囲であることから、法律では宅地建物取引業者(売主・仲介会社)を説明主体として、宅地建物取引士に説明させることにしている。
宅地建物取引士は次のことを行う必要がある。
①自らが宅地建物取引士であることを提示する。(資格者であることを明示します。)
②重要事項説明書への記名と押印(重要事項の説明を行った者の責任を明確にするためです。)
③契約締結の際に交付する契約書面への記名押印(契約に関与した責任を明確にするためです。)
説明を行うのは宅地建物取引士であればよく、書面に記載された人物と説明を行う人物が違う場合もあります。
しかし、説明を行う人物は調査を直接行った宅地建物取引士が望ましいといえます。
重要事項の説明は、宅地建物取引士のみが行える行為です。
宅地建物取引士は、現在のニーズの多様化に対応すべく日々勉強が必要です。
住宅の品質や性能(インスペクション・耐震性・断熱性等も含む)・瑕疵保険・設備管理の維持・税金や補助金等・ファイナンシャルプランイング等の理解や説明できることが必要です。
住宅購入をするために一番最初決めることは何か?
自身のエージェントとなる優秀な業者を見つけることです。
建成では個別セミナーも行っております。お気軽に面談予約してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です