身近な河川の浸水状況を調べるには

災害リスクを調べるツールの一としてよく利用しているハザードマップ

国土交通省ハザードマップポータルが改良され全国109水系の国管理河川の洪水推進想定区域を簡単に確認できるようになった。

出典元国土交通省より

水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示されるので使いやすくなった。
またうれしいのが、このポータルサイトをスマホアイコンへ登録することもできる
登録方法詳細

これから梅雨・台風シーズン。

身近な河川の情報を押さえて防災意識を高めるツールとして活用してはいかがでしょうか。

家を買うなら知っておきたい情報セミナー 参加無料

買ってはいけない物件が1秒でわかるアプリ セルフィン