フラット35子育て支援型・地域活性型を発表

住宅金融支援機構が、地方公共団体と連携して、子育て支援・地域活性化に向けて、フラット35の金利優遇し▲2.5%引き下げる。
住宅取得者は、該当地域で条件がそろえば、住宅金融支援機構が提供する全期間固定金利型住宅ローンの「フラット35」の金利優遇を受けられることとなる。
http://www.flat35.com/loan/flat35kosodate/index.html
※フラット35ページ子育て支援型・地域活性化型の案内
※資料は国土交通省HPより
対象となる住宅取得
若年子育て世帯による既存住宅の取得 ・ 若年子育て世帯・親世帯等による同居・近居のための 新築住宅・既存住宅の取得
UIJターンによる新築・既存住宅の取得 ・居住誘導区域内における新築住宅・既存住宅の取得
※ 各施策の要件は、地方公共団体が、地域の実情を踏まえて設定しています。
子育て支援型・地域活性型を利用するためにはいくつかの条件があります。
①住宅支援機構と連携する地方公共団体であること
連携している地方公共団体
http://www.flat35.com/loan/flat35kosodate/organizations.html
埼玉県では、蕨市・秩父郡長瀞町が該当
②フラット35子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書を地方公共団体から取得すること
さいたま市で中古住宅適合証明書取得ならお任せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です