住宅購入資金計画最大のポイントとは

家を買う!と決めたらまずは資金計画です。
資金計画といっても「家を買うための資金計画」はもちろんですが、長期の資金計画を「立てる・知る」ことがとても重要です。
しかし、単純に返済比率(住宅ローン一年間の元利金等返済額の年収における割合)のみで物件購入金額を決めてしまっている方がほとんどだと思います。
「住宅を購入するまでの資金計画」月の支払いが現状の収入と支出のバランスをみてなんとか大丈夫そうだ。。程度ということです。
まず、「住宅を購入」ができたとしても、子育て世帯であれば教育費を工面しなければいけなくなります。
お子さんがまだ「予定」・「小学生」くらいの年齢であれば、あまり先にかかるであろう教育費は漠然とした感覚であろうと思います。
幼稚園3歳から高校3学年までの学習費総額平均グラフ(FP協会基本データ集より転載)
大学進学を希望する場合、さらに教育費はかさむことになります。
つまり、お子様の人数×教育費も念頭に置き準備をしなければなりません。
次に準備が必要な資金として「住宅のリフォーム」です。
(資料は国土交通省より転載)
形あるものは必ず朽ちていきます。住宅は正しくメンテをすることで高寿命にすることができます。また、劣化の進行を遅らせることにより建物の剛性が維持され結果、性能も維持できます。
どんなに地震に強い家を購入したとしても、「雨漏り」を軽度と放置した結果、構造躯体が腐朽し、地震に弱い家にになってしまいます。
住宅を購入する=メンテナンス費用準備が必要になります。
最後は老後です。
住宅ローンも終わり、子育ても終了し、住宅メンテは今後継続は必要だが、自身の老後に備えるためのリフォームは終了しました。
やっと一息と思ったのもつかの間。
「あれ、もうお金がない。。」
高齢者世帯(無職)の家計収支比較(FP協会基本データ集より転載)
基本的に年金収入だけでは、生活することは難しです。
今までできなかったことにたくさんチャレンジがしてみたい人もいるでしょうが、現実お金がなければ難しいのも現実。
そのほかに、日常的に上記以外にもたくさんのイベントによる出費が発生します。
例えば
習い事をさせたい、したい・お子さんをプロ選手に育てるための英才プログラムを検討したい。
お子さんが留学したい・医師を目指したいと思っている。
車・バイクを定期的に買い替えたい。
多趣味、または、趣味に費用がかかる。
子供の結婚費用等全部、または一部負担してあげたい。
転職を考えている。等々
今時点でもある程度のライフイベントは想定できます。
「住宅を購入しようと」考えたら、ある程度は長期資金計画を意識しましょう。
建成では、ご希望の方へファイナンシャルプランニング相談を行っています。
今あなたを担当している不動産仲介の営業さんは、あなたの将来を見据えてくれていますか?
これからはより、住宅を資産として考えていく時代です。
「家を一生に一度の買い物」と平気で言っている不動産業者での購入はやめましょう。
不動産購入の第一歩は、自身のためのエージェントの発見からです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です